大分県 遺言書

大分県内・別府市で遺言書なら。

遺言書をつくるには、さまざまな約束事があります。

戸籍や住民票、財産を証明する書類も必要です。

弊所では、書類の取得のみも承ります。

 

施設に入所する際に遺言書を求められることもあります。

ご自宅や施設にお伺いして、お話を伺います。

 

まずは、お問合せください。


● 自筆証書遺言

遺言を残したい人が、必ず自筆で

全文、日付、氏名を書き、印を押す。

遺言の保管者は遺言者の死亡を知った後、

家庭裁判所に提出して、検認を請求しなければなりません。

 

2019年1月13日より、自筆所所遺言の改正があり

財産目録については、従来の手書きから、パソコン、ワープロ作成の書類

登記事項証明書や預金通帳のコピーでも認められるようになりました。

(それぞれの書類に、署名押印は必要です)

2020年7月からは、自筆証書遺言の法務局での保管制度が

始まる予定とされています。

● 公正証書遺言

ご自分の希望を公証人に伝え、公証人が遺言を作成します。

証人2名とともに内容を確認し、各自署名、押印します。

公証人役場に1通、手元に2通の遺言書が保管されます。

公正証書ですので、家庭裁判所の検認は不要です

公正証書遺言があると、金融機関、登記などの

手続きがスムーズに運びます。

<必要な物>

・遺言書を作る人…ご自分の戸籍謄本、印鑑証明書、実印

受け取る人…相続人の場合は上記の戸籍謄本にて、続柄がわかるように。

         相続人でない人の場合は、住民票が必要です。

・証人(2名)…相続人、ご親族でない方をお選びください。

          運転免許証のコピー、住民票、認め印

・公証人役場に支払う手数料は当日持参、現金で支払いになります。

 手数料は、相続する財産の額、受け取る人の人数によって決まります。

 

行政書士は敷居の低い士業です。

料金的に安いというメリットがありますが

士業の料金は各事務所で異なりますので、ご確認ください。

 

手

 

● 公正証書遺言をご依頼いただきました方には、

      私が証人1名として同行させていただきます。

● もう1名の証人がおられない方は

      別途費用にてご準備させていただきます。

 

 

安藤行政書士事務所  0977-80-5200